新入部員の歓迎会の様子を座談会形式で紹介します。

河田
河田
今日は現役とOB、いろいろな年代でラグビーについて語りたいと思います。
それではラグビーをはじめたきっかけを教えてください。
近藤
近藤
僕の高校はラグビーが強い学校で勧誘がすごかったんです。
気づいたらジャージを着せられていた感じです。
倉崎
倉崎
昔ばなしになっちゃうけど、高校まで柔道部だからテニスでもやりたいなと思っていたら、
クラスメイトの籃谷たちがラグビーチームをつくりたいって捕まっちゃいました。
それからプロップを4年間やりました。
河田
河田
籃谷さんたちがラグビー桃太郎をつくったんですよね。
清水
清水
私の世代はスクールウォーズを見てラグビーをはじめる人が多かったんです。
ラグビーをやればモテると勘違いしてました。
石渡
石渡
僕は子供のころに早明戦を見て自分もやってみたいと思いました。
今は体重の関係でフッカーをやってますが、9番10番以外は全ポジションやれます。
日高
日高
僕は中学までサッカーをやっていたんですが、ラグビー部の先生からスカウトされました。
ポジションはエイトですけどキッカーもやってます。
河田
河田
私はちょうど神戸製鋼連覇のころに高校生でラグビーは今よりも人気がありました。
体育でもラグビーをやっていたりして身近なスポーツでした。
ということでみなさんのラグビーをはじめたきっかけはいろいろですね。
それでは次にラグビーの魅力を語ってください。
近藤
近藤
スポーツとしてのラグビーは自分にあっている気がします。
ルールが複雑だと言われますが基本的にはボールを取り合うだけです。
その中でチームが一体となることが必要になってきます。
倉崎
倉崎
チームの中で足をひっぱっちゃいけないと思って一生懸命になる。
タックルってすごく意味があります。
身を挺して敵をとめる姿を見ると自分もやらなくちゃって。
そう思うと怖さよりも気持ちが上回るよね。
石渡
石渡
体育会のラグビーとクラブチームのラグビーに違いはあると思います。
自分のレベルをもっとあげたいという人は体育会でやったほうがいい。
だけど適当にやっているのがクラブチームではありません。
大学生活の環境の中で自分の求めるものがあったり、高校時代に怪我をしていたりと
チームを選ぶ理由はいろいろだと思います。
清水
清水
ラグビーって15人だけじゃなくてリザーブを入れると23人でマネージャーもチームの一員です。
大学を出てからクラブチームで10年草ラグビーをやりました。
今はプレーをすることはありませんが、大勢の中に自分がいたことはとても意味がありました。
ラグビーに育てられたと思ってます。
日高
日高
僕は高校のときにラグビーで肩を怪我して手術もしてるんです。
だから体育会で毎日やることはできない。
だけどそれが理由でこのチームに入ったんではなくて、大学ではひとつのことだけではないと思っています。
1年なのでこれからいろいろなものにチャレンジしていきたい。
河田
河田
2019年にラグビーワールドカップが日本で開催されます。
昨年はウェールズに日本代表が勝利しました。
女子ラグビーも人気が高まりつつあります。
これからラグビーをはじめる人も増えてくると思います。
楽しい面ばかりではなく、そうでない面もあると思いますがどうですか。
倉崎
倉崎
ラグビーは楽しいことしかありません。
ただ怪我をしないことだけを心がけていてください。
怪我をしないために筋トレをしたり、プレーの中でも怪我をしないプレーを身につけていってください。
だから練習は休まずにやることかな。
近藤
近藤
ラグビーをやるには大勢の人がいないとできません。
だから初心者でも輪の中に入ることができます。
基本的なことは教えますが個人の努力も必要です。
一度タックルを決めることができたら男になれると思います。